Club-Z劇場

編集長ヒルコの「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

4月の「TECHNO-FRONTIER 2018」でのブース内プレゼンテーションの担当者に、編集長ヒルコがグイグイとインタビューする本企画。

編集長ヒルコの「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

4月の「TECHNO-FRONTIER 2018」でのブース内プレゼンテーションで、特に人気を博したセッションを取り上げ、ヒルコが担当者に徹

編集長ヒルコの「もっと知りたいその話:TECHNO-FRONTIER 2018編」

先月幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2018」では、1,000名を優に超えるお客様にご来場いただき、まことにありがと

第三回:アーキテクチャ設計、構想設計(葛城ミサトの場合)

「マウナケア観測所で捕捉。第3監視衛星が光学で捉えました。最大望遠でモニタに出します。」 青葉シゲルが正面のプロジェクションを衛星画像に切り

第二回:機能安全と規格の動向(加持リョウジの場合)

エヴァンゲリオンのユーロ支部持ち込みにあたり、CEマーキング機会指令の取得に必要な国際規格への準拠を、ゼーレがZERV本部に求めてきている。

第一回:本質安全と機能安全(ZERV本部の場合)

ZERV本部にエヴァ4号機と北米第2支部が消滅したという知らせが届く。この突然の知らせにZERV関係者全員がエヴァンゲリオンは本当に信用でき